売れない壁を超える方法

マーケティング

今日も森の緑を見ながらメルマガを書いております。

 

 

今日も宜しくお願いします。

 

 

 

 

セールスを成功させるためにですね。

 

超えないといけない壁というものがありますね。

 

 

よく言われるのは3NOT。

 

マーケティングの世界で使われるものですけども

 

not read

not Believe

not act

 

読まない信じない行動しない。

 

この三つの壁を越えることができて初めてセールスというものが 成立します。

 

できるということになるんですけども、

さらに踏み込んでですね。

 

じゃあなぜ読まない信じない行動しないのか?

 

こちらからのメッセージっていうのは相手には理解してもらえないっていう、

悲しい現実があるんですね。

 

こちらが言いたいことは全く伝わっていない。

ということですね。

 

ま、例えば、 まあ、大人は子供なんかにもありがちなんですけど。

 

自分の子供なんかに。

まあちょっと出かけてきますね。

 

と言った場合に、

子供っていうのは

「どうしてどっか行くの?」

「置いていかないで!」

というわけですね。言いますよね。

 

「お父さん待ってよ!」って言います。

 

お父さんはこう言ったりします。

 

「でもね、仕事に行かないとまあお金がもらえないし、

お金がもらえないってことはご飯が食べれないでしょ。」

 

でも子供は、

「お父さんお腹空くの?」

という感じになったりします。

 

最終的に子供はお父さんがお腹が空いている。

 

という風な理解をしたりします。

 

そういった返事が来たりするわけですね。

 

今回のテーマはここが重要で、

この子供、幼稚園児 2歳3歳ぐらいの理解力っていうのは大人でも起こり得ることで、

経験ある方も多いと思うんですけど、

 

こっちの言いたいことが全く伝わらない。

あるいは伝えられない伝えることができないとかいうのがあると思うんですね。

 

例えばさっきの子供とのやり取りの話なんですけど、

お金の話とご飯の話とか、

出かける話とかお腹が空きませんかっていう話とかあったと思うんですけど、

最終的に理解してもらえるのは最終的なメッセージのみ。

 

子供はお父さんお腹が空いたの?

 

て言う返答してくるんですよね。

 

じゃあ他のメッセージっていうのはどこに行ったのって言ったら、

記憶していないと言うことですね。

 

 

なのでまあこういうことをメールマーケティング常識的に言われるのが、

基本的には1メッセージ。

伝えたいことを一つ相手に送るってのは基本なんですね。

 

それはこういうは理解してもらえないっていう問題があるからです。

 

いくつも言っても分からないと言うことがあるからですね。

 

ま、例えばこの記事。

 

この記事を読んでいただいいただいてますけども、

 

 

「では、3notを今すぐ目をつぶって紙に書いてみてください。」

 

 

と言うときに、書けるのかどうか。

 

not read

not Believe

not act

 

これが書けたかどうか。

 

 

書ける人もいると思うし、

もともと知って書ける人もいるかもしれないですけど、

書けない人もいるんだと思うんですね。

 

 

でも多くの情報を与えても記憶はできないという簡単な事例ですね。

 

 

何かがきっかけでこの資料に目を通しているんだけども、

結構忘れてしまうっていうのが、

悲しいかな現実だということですね。

 

 

ではですね、この理解できない問題っていうのは

どうやって解決すればいいのかなんですけども、

 

人ってこういう物事っていうのはどういう風に認識しているのか、

とか、

 

記憶のメカニズムとか

脳科学とか

潜在意識とか

無意識とか

 

 

色々あると思うんですけども、

まあそういうものを理解することで相手が理解できない問題っていうのを

解決していこうというのが今回の目的ですね。

 

 

これらの壁を今乗り越えることができたら、

まずセールスに繋がるっていうことですね。

 

理解させることができたら売れるということです。

 

 

それが大学とか大学院で習うような認知の心理学とか科学とか言語学とかそういうものが当てはまるようになると思うんですけども、

あそれは置いておくとして、

 

逆に理解させることが出来れば売れるって言う事です。

 

ここで結論なんですけど 簡単に言うとですね。

 

まあ、連想させる。

 

 

ていうことですかね、想像させる。

買ったらどうなるよとか。

ていうのが結論ですよね。

 

例え話、比喩を使う。

 

そういうことをそれを使うことによって、

人は理解できるようになる。

 

イメージで情景が浮かぶような。

 

ストーリー性を持たせるとかですね。

というのが結論です。

 

 

ではでは、今日も暗くなったので、

 

家に帰ります。

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント

お名前

メールアドレス ※公開されません

サイトアドレス

トラックバック
トラックバックURL