カテゴリー:メンタル

記事一覧
  • どこ見てんのよ!

    人によって人生の目的って様々あると思います。僕にも人生の目的があります。普段意識して生活している人は少ないかもしれませんが、生きていくうえで、この目的ってとても ...

    2019/12/27

    メンタル

  • 実体験あるある

    「類は友を呼ぶ」ってどう思います?そりゃありますよね。僕も自然と気の合う人と付き合ってます^^ある程度の歳を重ねてくると、何か収入と言うか年収みたいなものが、自 ...

    2019/12/26

    メンタル

  • 健康であること

    会社の同僚が転職をした後、糖尿病を発症しました。ハードな仕事から事務作業に変わったことから、エネルギー消費が激変してしまったからでしょうか。もともとお菓子ばかり ...

    2019/12/25

    メンタル

  • 自信がつくまでの道のり

    友人や知人などと飲みに行ったり食事に行ったりすると、必ず仕事の話になりますよね。ある程度の年齢になると収入は人の人格であるかのような、一つの基準のような見られ方 ...

    2019/12/24

    メンタル

ホームPage 2 / 41234

どこ見てんのよ!

メンタル

人によって人生の目的って様々あると思います。

僕にも人生の目的があります。


普段意識して生活している人は少ないかもしれませんが、

生きていくうえで、
この目的ってとても大事なものです。


恵まれたこの日本で、
自ら命を絶つ方が年間数万人。


自らですよ。

とてつもないことです。



ちっちゃな頃から小学校、中学校、高校、大学、
そして社会人となって、
辛いことってたくさんありました。


死ぬまでの気持ちにはならなかったのでしょうが、
それくらいの気持ちになったこともあります。


それくらい辛い気持ちになった人も多いと思います。


悔しい思いをしたり、
どうしようもないくらい打ちのめされたりして、
完全にどうしようもないと思ったときに、
それを感じるのかもしれません。


誰しも人知れずに悩み、
同じように絶望した経験がありますよね。



僕を救ってきたのって、
結局は父や母の言葉なのかなと思います。


目を閉じ思い返してみると、
父や母の言葉を思い出している自分がいます。


時には他の身内だったり、
友人であったり、
偉人だったり、
尊敬している先輩や先生なのかも知れません。


ただ、最後の最後は両親です。


「人の為に生きなさい」

僕を奮い立たせる言葉です。



僕には無条件に味方をしてくれる父や母、家族がいます。



幸せなことです。


僕にはインプットされているようです。



人の為に生きるとは何か、
よく自問自答しています。


人それぞれ違った人生があります。


僕、
父、
母、
友人、
祖父、
祖母、
妹、
先輩、
あなた、



人生の中心にいるのは僕であり、


あなた。



僕の本当の目的は「人の為に生きる」という想いを伝えること。


今の僕にできることは、
ネットビジネスという手段を使ってあなたの目的のお手伝いをすること。


あなたがどうやったら「人の為に生きる」ということができるのか考えるということ。



ですから、
僕がこのブログを通してでお伝えするのは、
ネットビジネスで収入を得ると言うことです。


それが僕の目的。

精一杯お伝えします。



あなたにも精一杯人生を生きてほしいと思います。

僕の想いが少しは伝わったでしょうか?




実体験あるある

メンタル

「類は友を呼ぶ」ってどう思います?



そりゃありますよね。
僕も自然と気の合う人と付き合ってます^^



ある程度の歳を重ねてくると、
何か収入と言うか年収みたいなものが、
自分のステータスのような雰囲気ってないですか?

お金の余裕があるかどうか。


もし無職で収入がなかったら胸張って友達のところに会いに行けないと言うか。

ある程度の余裕があれば良いんでしょうけど、
極端に給与少ないとか仕事に不満があるとかだと、
何か会いにくい状況ってありません?

そういう心理っていうんですかね。


僕にはあったんです。


収入が増えたことで、
あきらかに心に余裕ができました。


ちょっと前には想像できなかったことです。

本来親しい人達なので、
人付き合いって言うには堅苦しいと言うか申し訳ないけど、
まあ、人に会うのが楽になりました。


意外に親戚づきあいとかこの感情がありませんか?


僕には仲の良い親戚が多いのですが、
ちっちゃな頃よく遊んでいたいとこ達です。


夏休みなんかはずっとおばあちゃんの家へ泊まりに行って、
朝から晩まで泥だらけになって遊んだものです。



朝から晩まで遊んで、イタズラいたり喧嘩もしたり。

皆でご飯を食べ、昼寝をして、お風呂に入って、蚊帳の中で夜を過ごしました。



皆社会人となり、数年立つうちに結婚をするいとこも当然でてきました。


結婚式に呼ばれます。

若かったので、精神的なものもありますが、
独身で実家暮らしの時にはお金のことは特に気にせず、
親に言われるがままに2万くらい包んだような記憶があります。


式も嬉しくもあり楽しくもありです。



そして数年するとまたもう1人と結婚の話が始まります。

また前と同じく、いとこが結婚する姿を嬉しく見守りました。



そしてまた数年。

次のいとこが結婚することになりましす。



いとこは当時東京に住んでいたので結婚式も東京。

福岡の田舎もんは東京に行けるということだけでもテンションが上がりっぱなしです。




その日は東京に泊まりなので、
夜は親戚数人で東京散策です。

東京タワーに行ったりしました。


その後は若いいとこだけで集まりなおし、
ご飯を食べにホテルの外へ出て行きます。


ホテル周辺はでっかいビルばっかりでオフィス街っぽい感じ。
あまり飲食店がなさそうです。

そして焼き鳥屋を見つけました。

「銀座」

そんな名前だったろうと思います。



なんとなく高そうな……。



いとこがドアを開けて「いくら位になります?」

「1本200円からになります~」

……



福岡では考えられない金額にビビッて外に出ました。

東京恐るべしでした(汗)


福岡とは物価がかなり違うんだなと確信しました。


それでもたぶんそんなに高いほうじゃないんだと思います。



あきらめずに歩き回って探します。

そうすると庶民的な雰囲気の入りやすそうな焼肉屋を見つけたので入りました。



久しぶりに再会したいとこが集まればおのずと昔話で大盛り上がり。


そして程よく食事会も終わりとなる頃、
1人のいとこが言います。


「ここのお金は俺らで払おっか。」


僕は平然を装いましたが、内心「えっ」と思います。

年齢から言っても一番上の僕らが払っても全然おかしくない状況。



それは普通であれば喜んでそうするべき場面であるとも思いました。

んが、僕は心の中では「え~、マジか。金が無い。」
そう思ってしまったのです。



もう分かりますね?


そうです。
その当時の僕はちょっとしたお金を出すことすらできないほど、
収入がなかったのです。

マジで。



いとこの中でも最低だと分かっていました。

2つ下の妹の年収の半分くらいでした。


その場は他のいとこも割り勘でいこうと言ってくれて、
その場を何とかしのぎました(汗)


独り身の実家暮らしでお金が無いわけではなかったのですが、
情けないかな、

ホッとしてしまいました。


その頃の私はどこか胸を張っていられない、
そんな雰囲気が自然と出てしまっていました。


自分でもこのままではいけない。

そう思っていても、色々ともがいてもいるんだけど結果が出ない。



完全に負け組みの仲間入りをしていました。



その当時の記憶です。



一度そのレールに乗っかってしまった僕は、
なかなか軌道修正はできません。

自分のスキルを上げて這い上がっていくのはすごく大変でした。



不透明な将来に対して信じるものは自分だと言う状態。

不安で精神が崩壊しそうなときも何回もなりました。



やはりお金が多少でも余裕があるって事は、
精神衛生上不可欠であると思います。



だから、

やろう。



健康であること

メンタル

会社の同僚が転職をした後、
糖尿病を発症しました。

ハードな仕事から事務作業に変わったことから、
エネルギー消費が激変してしまったからでしょうか。


もともとお菓子ばかりを食べていたので、
いつか体を壊すんじゃないかと思っていましたが、
現実となってしまいました。


お菓子はほどほどにしないと恐ろしいことになります。
彼は20代でした。



知り合いのおじさんは通風で苦しんでいました。


あるエリート石油系企業で高給取りでしたが、
40代に発症しています。


人の欲求には色々とありますが、
食欲も大きな欲求の一つ。


ちょっとお給料が良かったので、
食べ物がゴージャスになり、
自分の好きなものばかり食べてしまったのでしょうか。


そバランスに欠けた食事をしていれば、
体を壊すことは当然なのかもしれません。


相当に気をつけていないとそうなってしまいます。

人間は欲求に弱いですので。


インスタント類やスナック菓子などはたまにして、
なるべく野菜や魚は取るようにしたいところです。


病気になってしまっては幸せとはいえませんし、
元も子もないですから。

WEBのお仕事って結構体力使います。

自信がつくまでの道のり

メンタル

友人や知人などと飲みに行ったり食事に行ったりすると、
必ず仕事の話になりますよね。


ある程度の年齢になると収入は人の人格であるかのような、
一つの基準のような見られ方をします。


世間体があるので、
ネットビジネスの事を話すことはありません(爆)

昔はありませいたけどね、
普段の生活には関係ない部分なので、
周囲に話すことはほぼないですかね。

ネットビジネスのことを話すと変な目で見られることもありますので。


怪しいものに巻き込まれたくないのか、
人の高収入の話を聞きたくないのか、
そもそも何も知りたくないのか。

理由は色々あるかと。


サラリーマンと起業するということは、
相反する思考を必要とするので、
あまり言うとサラリーマンの方の生き方を否定してしまいます。


どちらでも好きなほうでいいので、
どう生きようと自由なんですが、
そう受け止めちゃう人って少なからずいます。


だからそういう人ってちょっと面倒臭いってところが正直なところです。



聞かれても最初はスマシ気味です^^


世の中に不満のある人って、
ちょっと話していれば分かるので、
話の流れで話すことはあるかな。

だから半々です。



僕はいたって普通です。
どこにでもいる男です^^

見た目も普通ですし、
別に華やかな格好もしてませんし、
オーラが無いのかな。


ただ勉強して実践しただけなんですね。

天才だとか、秀才だとか全くないです。


知ったことを実践した。


ただそれだけのことなんです。

やり続けるってことは頑張ったかなって思います。
実践したかってことでしょうか。


知らないって本当に怖いことです。




ではここで実際にやったとして、
いつどのように稼ぎに変わっていくのか?
という謎の部分。

アフィリエイトの収入ってジワジワ上がってくるとか、
毎月 1 万円増えていくとか
時間かけた分だけ増えていくとかじゃないと思います。


ジワジワ来るときもあるし、
一気に来ることもある。

ある日突然爆発的に増えていくこともある。

数千円続いていたのが突然数十万になったとか。

逆に数万あったのにゼロとか。



一瞬何が起きてるのか分からないほどです(笑)

あなたの収入が伸び悩んでいたとしても、
全く問題ないと思います。


売上をあげるための実践ができるかどうかだけ。




ホームPage 2 / 41234