記事一覧
  • LTV ライフタイムバリュー

    売上を上げるために考えること。色々と考えることがあると思います。では、いいお客さんと嫌なお客さんとはどちらがいいですか?もちろんいいお客さんですね。このいいお客 ...

    2020/01/18

    マーケティング

  • 僕の「自由」とは?

    何をするにも自分の知らないところで毎日利益が発生するのがネットビジネスのいいところ。でも何かと忙しい。自分のやりたいことを懸命にやってるだけw自分にとって何が幸 ...

    2020/01/17

    マネー

  • ストレス撃退

    たま~にある旅行や食事代などの10万単位の出費。この金額が大きいかどうかは個人差あります。でもこの金額、ちょっと前の僕は大きな金額でした。そう簡単には払えません ...

    2020/01/16

    マネー

  • 孤独です(爆)

    なんだか人に会いません。もともと1人の時間も好きなほうです。人から引き離されると不安にもなりますけどね。サラリーマン時代友人や先輩と会うこともあります。もっぱら ...

    2020/01/15

    マーケティング

LTV ライフタイムバリュー

マーケティング

売上を上げるために考えること。
色々と考えることがあると思います。


では、
いいお客さんと嫌なお客さんとはどちらがいいですか?

もちろんいいお客さんですね。

このいいお客さんは、
あなたの大事なリピーターさんです。


このお客さんは絶対に大切にしないといけないお客さんです。


では、
いいお客さんと一生付き合っていくために必要なこととは何でしょうか?


今日はここを考えて生きます。



例えば、
リピート率が50%のお店と60%お店があったとして、
そのお店がこの先ずっと経営していくとしたら、
どれくらいの売上が変わってしまうのかというもの。


リピーターは大事だって頭では分かっていても具体的に数字を並べてみると、
その重要性に改めて気づかされます。


リピータさんによる継続した売上が大切になってくる。
ビジネスではかなり重要です。


継続課金ビジネスや登録制、会員制ビジネス、卸売りビジネスなど、ビジネスは沢山あります。



以下は参考メモ。




1.背景
社会経済は様々な分野において発展。
多くの分野で経済成長期には製品は多種多様に開発、サービス向上。


右肩上がりの経済は鈍化。
成熟期に突入。


このような経済状況の中では、
新規顧客獲得や投資コストの効率化が求められ、
長期にわたった顧客維持(リピーター)を目指そうという考えが注目される。




2.顧客生涯価値(LTV: life time value)

ビジネス用語。

その名の通り製品やサービスを提供する上で、
顧客が生涯を通してどれだけの利益をもたらすかを表したもの。


具体的には収益から顧客獲得や継続してもらう為のコストを引いた利益の額などを示す。




3.計算方法

計算式は何を基準にするかで細かく分けることができる。


<計算例>

LTV = 利益 × 取引期間 × 割引率

LTV = 単価 × 購買頻度 × 継続購買期間

LTV = 単価 × 購買頻度 × 継続購買期間 /(新規獲得コスト+顧客維持コスト)

LTV = 年間取引額 × 収益率 × 継続年数



LTVの最大化⇒
・単価を上げる
・購入ペースを上げる
・顧客維持
・顧客獲得および維持コストを下げる




4.具体的な計算例を上げてリピート率の重要性について考えてみる


リピート率10%の差が生み出す巨額の事実。



LTV




ビジネスにとってあらゆる数字を把握することはとっても大事。


情報発信を続けていればブログの情報量も増え、
読者も増え続け、
SEOも強くなり、
より集客できるようになり
商品作成できるようになったり、
文章作成スキルも上がって収入が伸びていくはずなんですが、
不思議に思うことがあります。



実際にはどんどん右肩上がりで増え続けていくのが理想なんですが…。


一つは自動化に手をつけていない。

もう一つが前述のリピーター確保が重要。

僕の「自由」とは?

マネー

何をするにも自分の知らないところで毎日利益が発生するのがネットビジネスのいいところ。



でも何かと忙しい。



自分のやりたいことを懸命にやってるだけw


自分にとって何が幸せなのかは人それぞれ。

テレビを見ることが幸せ。
映画を見ることが幸せ。
友人と飲みに行くことが幸せ。
子供と遊んだりすることが幸せ。
ドライブするのが幸せ。
バイクに乗るのが幸せ。



趣味嗜好はお金にはならないことが多いです。

あるとちょっと人生が楽しくなるものです。

例えば趣味の時間をビジネスに当てればもっと稼げるんではないか?


確かにそうかもしれませんし、
一時的にはそうすることもあります。


でもやっぱり仕事以外のことも充実しないと面白くありませんw

その為に仕事をしているとも言えます。
生活のために仕事をします。

贅沢をしたいから仕事をします。


「メール1通送ったら50万稼げるんだったら1日メール10通送って500万稼いだらよくない?」

みたいな意見がありますが、
こんな発想はやめてくださいね。

実際にはそういうことではないのでw


セールスをするときにキャッチコピーとして
興味の引くフレーズを出しますが、
そんな簡単なことではないので。





完全なフリーな生活がいい人は、
それなりのシステムを作らないといけません。





これからもっと自由な世界を築く為にはスピードは大切かと思います。


年を取ってからじゃ大変ですからね。




若いときの自由と年取ってからの自由って違います(爆)


問題を早めに手を打つと結果良かったと思うことは多いですね。





仕事もプライベートも自由。
自分で決められる。

そんな生活が目指せる時代になり、
これじゃ貧富の差だって広がるのは当然です。






ちなみにですが、
「お金の為に働くのは嫌!」

なんて言いながらやりたくもない仕事を延々とやってる人は、
結局お金の為にその会社で働いています。



人生のほとんどをお金の為に雇われて働いているので、
週に1回休みが来ても次の日に働く為に疲れをとることを優先します。


なんか自由ではないですよね。




僕はネットビジネスを始めた当初は、
猛烈にお金への欲求が強く、
そのためだけに時間を費やしました。



ちょっとしたお金が無いばかりに、
何もできない。


生活するだけでやっとの生活に心底嫌気がさしたからです。



会社で働いていても、
ネットビジネスのことを考え、
通勤時間もネットビジネスのことを考え、
寝る時間も惜しんで作業をしました。



収入が増え、
生活にもゆとりができると、
次第にお金の為にがむしゃらに作業をすることは少なくなりました。


収入の為に一時的に猛烈な欲求があることはあってもいいと思います。
むしろそのエネルギーが必要な時期があります。



ストレス撃退

マネー

たま~にある旅行や食事代などの10万単位の出費。


この金額が大きいかどうかは個人差あります。

でもこの金額、
ちょっと前の僕は大きな金額でした。

そう簡単には払えません。


お金の余裕は様々なものに影響がでます。



よくあるのは将来に対する不安、恐怖、心配です。


これが解決できれば嬉しいし、
精神的にすごく楽になります。


いきなり大きなお金を手に入れて、
金銭感覚が麻痺しています。

そして間違ってしまい、
転落してしまう人もいます。

だからちゃんと理性は持っていたいですよね。


負の気はさらに負を呼び込みます。
逆にプラスの流はさらにプラスになっていきます。



うまくいかないこともありましたけど、
今はすごく流れがよくなりました。

あきらめてはいけませんね。



この流を活かすも無駄にするのもこれからの僕の行動にかかっています。
失敗だけはもうできません。


どうせ流が次の流を生むのなら、
プラスの流を呼び込みたいものです。



それも今やできるらしいですよ。
やりたいことややらなければならないことは山積みですw


昔思っていたことが、
行動することで次第に現実になってきました。


当時はできないと感じていたことも、
次第にできそうだと思えてきました。


「信じる者は救われる」
自分を信じて進んできました。

そうすることで不安は無くなっていくものです。
いろんな意味でw


僕はサラリーマン生活に耐えることができませんでした。
逃げ出したとも言えます。


もちろん反対意見の方が多かったですが、
絶対に何とかすると自分に言い聞かせて頑張りました。


嫌な上司に媚びうるの嫌なんです。
嫌いな同僚や先輩に付き合うのに疲れました。
会社の奴隷になってるような気分に嫌気がさしました。
嫌いな社長の人生に付き合うのも嫌。
決められた収入にはもう我慢できません。
決められた時間に拘束される必要ってないのか。
リストラの不安からの解放。
通勤ラッシュもう無理。
やりたいことを我慢したくない。

いわゆるストレスからの脱出です。


「じゃあみんな起業したらどうなるの?」

なんて意見もありますが大丈夫です。


人は基本行動しません。

何かに感銘を受けて行動する人だってほんの数%の人です。



有名な人の講演会に行っても、
人ってなかなか行動しません。


だから日本人全員が企業するなんてまずないです。


仮になろうとしても、
どこか無理がきます。

そして国の制度が変わります。


そもそも指示されないと動けない人のほうが圧倒的に多数です。




なので、
人と比べても仕方ないので、
自分がどうありたいかを優先してください。



孤独です(爆)

マーケティング

なんだか人に会いません。

もともと1人の時間も好きなほうです。

人から引き離されると不安にもなりますけどね。




サラリーマン時代友人や先輩と会うこともあります。



もっぱら当時の話とか、
近況報告とか。




基本的にライフスタイル的に言えば、
仕事の仕方も発想も全く違います。

だから本当のところは意見の違いはあります。


否定はしないですよ。
生き方の違いなので。

僕はサラリーマンとしては落ちこぼれなのです。


そもそも嫌いな人には連絡をしません。

肌が合うというか、
類は友を呼ぶって言うんですかね、
そういう人っているので、
生き方が違ってもなんだか居心地のいいところとなります。



実は意固地に「会わない」と決めてる時代もありました。
そういう時ってやっぱり自信がないというか余裕がないと言うか、
ストレス下にあるんだと思います。


でも心に余裕が出てくると、
言い方を変えれば、
ある程度の結果がでると、
まるで嘘のことのように連絡を取ることすら忘れています。



自分に余裕が出てきて、
連絡取ることなんて何の意味も無い。


そう感じているのでしょうか。


ご縁があるならまた会えるでしょう(爆)





かつての貧乏街道まっしぐらの状態から脱却し、
昼食をたまにおごってもらっていたのもなくなりました。



天国と地獄の差ほど感じたあの頃。



通信系の会社で働いている頃、
その道20年近いベテランの先輩がいました。

その分野ではかなりの知識を持っています。

「頭いいな~」
って思いながら仕事してました。


確か毎月のサラリーは残業代を含めて月25万くらい…

何で知ってるかって?
聞いたからです。

僕の方が圧倒的に低かったので教えてくれました。

その当時手取りで交通費込みで18万なかったので(爆爆爆)



先輩の年収は400万円あればいいほうでした。

当時の僕にしてみれば
めっちゃいい金額。




今でも再会することがあります。



とりあえずビールを飲みながら当時の思い出話で盛り上がります。

もちろん次第に仕事の話もします。


ただ、どの業界も似たり寄ったりかも知れませんが、
仕事内容や収入が悲しいほど劣悪ですね。

名の知れた企業にお勤めなら、
簡単に転職なんてしないほうがいいですね。


聞いたこともない企業だったら悪くなる可能性大きいです。
慎重にね。
やれば良いと思います。

思ったとおりもっと厳しい状況になっていました。


この先仕事があるのかどうか、
続くかどうかもよく分からない状況。



精神衛生上、非常によくないです。



知人もその道10年以上のキャリアを持っていますが、
今まで勤めてきてこの先に何か希望が見えるのかどうか聞いてみても、


「ずっと悪くなる一方だと思う。」
という答えが返ってきます。

暗い未来しか見えてないなら、
暗い未来になるように思います。

自分で「明るい未来にしてやる!」っていう感覚がないと、
サラリーマンでも厳しいんじゃないかと。


僕は正直彼らには危機感ないのだろうかと思います。



やっぱりスキルアップでもしているかというとそうでもない。

安心安全な企業ならいいと思いますが、
不安がありながら何もしないのは、
どうも危ない気がしますよ。


やってる人はちゃっかりやってますよね。



問題逃避。
周囲に流される。
お酒で気を紛らわせる。
玉やコインを増やしに何となくGの道へ行ってしまう。


答えはだいたい決まっていて、
絶対当たるジャンボ宝くじを買いたいっていう思考。

それでは現状は変えられないですね。


僕はあの頃とは比べ物にならないくらいに、
収入、時間、精神的なことまで、
全てのステージが上がりました。


真面目なサラリーマンという能力があるなら、
それは下がりました(爆)





飲みながらですが、
友人や先輩にも何かが感じ取ってもらえるのなら、
幸いです。
伝わらなくても幸いです(爆)



こんなことは人に会えばよくあること。

何かが伝わっても行動する人はほとんどいません。
それは別問題。

やりたい人がやればいいので。
やらせるもんではないです。



日本人って究極に困ってからやるんです。
もう崖っぷちまでいってから考えます。

だから修復不能になります。

復活できるのは少数。



僕も他人の感情に思い切り感情を突っ込むことはありません。




結局やるもやらないも本人が決めればいいことですし、
強制することでもないし、
ちょっとした何かきっかけにでもなればいいと思ってます。

ほとんどの人は最初は興味を持ちます。


でも次に何をすればいいのかさえ聞いてこないことが多いです。
そんなもんです。


会えば、
所詮飲み会ということ。


「またね~」てな感じにてさよならします。

それから数ヶ月間連絡はないです。


結局はその人の人生は以前と変わらずです。

特に悪いことはないですけどね。





私はこれ以上彼らに何かを話すことは無いです。(もちろん聞かれれば答えるんでしょうけど……)


また数年後に会うかもしれませんが、
そのときにまたお互いがどう変わっているか楽しみです^^


この様に、
チャンスは突然現れては、
サッと離れていきます。


知人はチャンスを掴むことはできませんでした。

人生とはこの様に決断の連続です。


最善の選択ができるように、
日ごろから癖を付けていかなければいけません。


チャンスは知らぬ間に近づいては離れていきます。

いち早くチャンスに気づいた者だけがチャンスを掴めるんだと思います。



まあ、ネットビジネス自体はそれほど大それた話では無いと思うんですけどね……


日本では起業とか、独立とか、社長とか、
そういう言葉がすごいことなんだという風潮がありますよね。

偉いとか。


しかし、話して見れば分かりますけど、
普通の人とそんなに変わらないです。


私の先輩はその道20年なので、
その業界ではスペシャリスト。


技術も知識もすごいものがあります。


私もその業界にはいましたが、
能力の差は天と地との差がありました。


それと同じで、
私は起業・独立という勉強を少し頑張っただけなのです。


才能でも何でもありません。


ラーメン屋で10年修行した人の味は、
ラーメンの味ではすごいものがあります。


私が作るラーメンなんて遠く及びません。


多くの人は雇われているので、
社長という肩書きに恐縮しているようですが、
とてつもなくすごい人間ということではありません。



力を注いだ方向が違うだけなんですね。


20代半ばの頃、
ある社長さんに言われたことがありました。



「特殊な技術がいるなら、その技術を持った人を雇えばいい。」

その必要な技術は社長にはありません。


しかし、その会社はその技術を保有していることになります。

「東大卒の人を雇えばいい。」
「資格を持った人を雇えばいい。」


明らかに、東大卒の人はすごいと思いますし、
弁護士資格を持った人はすごいと思います。


日本料理を料亭で10年修業した人が、
和食を極めました。


その修行と同じくらいの情熱と努力をビジネスに注いでいたら、
そちらでも恐らく極めることができたでしょう。


弁護士資格を取得した人が、
同じくらいの時間とお金をかけてビジネスを勉強していたら、
月収50~100万円くらいは簡単に稼げるはずです。


難関資格取得者、IT技術者、製造業、農業、…


これらの職種の人や技術者の人っていうのは、
もし低所得であったとしても、
ビジネスで月収100万とか200万稼いでいる人たちと比べて、
はるかに高度なことをやっています。


料理の修行をする人がいる。
技能の修行をする人がいる。
運転の修行をする人がいる。

それぞれの業務をこなせるように修行する人がいる。

起業した人は儲けを出す修行をした……


もちろん、立派な社長さんは沢山います。

しかし、社長が相手となっただけで立派だと決めるのはちょっと早すぎです。


社長という肩書きなんて、
役所に手続きに行けば、
あっさりと簡単に手に入れることができます。


素晴らしいとかありがたいとか特にありません。

たまに社長というものを、
さもすごいことのように言う人がいますが、
自分でバカだと言っているようなもんです。



お金があれば高級な人とかもありません。

おかしな人も沢山います。


気にする必要はありません。


何かの部分においては絶対にあなたのほうが上です。

お金を持ったとたんに態度が大きくなる人がいますが、
はっきり言って何か勘違いしてると思います。


そのうち干されます。

当たり前ですが、
相手が優れていると思う部分には素直に認めるべきですし、
あなたもその人にはない優れた部分を持っているわけですから、
堂々と自信を持って行動していければいいと思います。


そういう人は多かれ少なかれ輝いて見えますし、
興味を持たれます。